女性の美容と健康の口コミ

女性の美容と健康アイテムの口コミを紹介

自分の肌に合ったスキンケアできていますか?美肌を手に入れるためにおさえておいたいポイントとは

投稿日:

美肌 スキンケア

美肌スキンケア

ニキビや色ムラ、肌荒れの無いきれいなお肌に憧れますよね。
しかし、各メーカーからたくさんのアイテムが発売されているいま、自分にぴったりなスキンケアアイテムを見付けるのは大変なことです。
「スキンケア初心者でアイテムの選び方で困っている」という方や「肌荒れが解消できない」という方のために、美肌を作るためのポイントやアイテムの選び方などを紹介していきます。

 
 

どんな人にも共通することは、肌を傷付けないこと!

スキンケアを丁寧に行おうとすると、汚れやメイクを落とすために強い力で肌を擦ったり、化粧水などを大量に付けたりしてしまいます。
しかし、実はこれらのことが肌に対して強い負担となって傷付けてしまっているかもしれません。
綺麗な肌を手に入れるために行ったことで肌トラブルを招かないように、注意しておきたい点があります。

 

洗顔の際は洗いすぎないように気を付けて

メイクをしっかり落としたい、皮脂を落として毛穴の開きを防ぎたい、と思うと、クレンジングや洗顔に時間をかけて何度も肌を擦ってしまいます。
しかし、肌を洗いすぎると肌にとって必要な皮脂まで洗い流すことになり、肌のバリア力を低下させてしまうことになりかねません。
眠っている間に分泌された皮脂を洗い流すのであれば水でも十分ですので、朝は水洗顔にしてみるのも良いですし、夜の洗顔の際にもぬるま湯を使ってすすぐようにしてみるのもおすすめです。

 

メイク用品やスキンケアアイテムの付け過ぎには注意

肌トラブルがあると下地やコントロールカラーなどを付けてカバーするため、ついつい重ね塗りをしてしまいますが、ベースアイテムのつけすぎは肌の負担となる可能性があります。
たまには、お湯で落ちるタイプのベースメイクアイテムを使うと肌を労わることができますので、お休みの日などに実践してみてください。

また、スキンケアアイテムのつけすぎもよくありません。
導入美容液、化粧水、乳液、美容液、クリーム、美容オイル、パック、パーツ専用クリームなど数多くのスキンケアアイテムが発売されていますが、保湿ケアを重視しつつ自分が必要だと思うものを選んで使うのが良いでしょう。
肌の調子を見ながら、たまにはクレンジングのあとは化粧水と美容液と乳液だけで済ませるなどの工夫をしてみると、肌が負担に感じることも減らせます。

 

こすりすぎは肌にとっては大きな刺激

肌をケアする際には、軽い力で触れることを意識しましょう。
肌をグイグイと押したり擦ったりすると、非常に強い刺激となって肌トラブルを起こすことがあります。
クレンジングの際はもちろん、スキンケアの際に化粧水などをしっかりと浸透させようとして、コットンで擦ることも避けたいですね。

たくさんのスキンケアアイテムを使うと肌を擦る機会も増えますので、手のひらを使って塗布するものを使うというのも手段のひとつです。

 
 

美肌のために押さえたいのは「保湿」と「紫外線対策」

綺麗な肌をつくるために重要なのは、肌に潤いを与える保湿と、紫外線ダメージから肌を守る紫外線対策のふたつです。

 

紫外線は肌にとって最大の敵!

紫外線はシミの原因として広く認知されていますが、老化現象を引き起こすものでもあります。
また、肌の水分をキープしてハリとツヤのある状態をつくる「肌理(きめ)」というものを乱すという力も持っているため、肌を乾燥させる原因を作ってしまうこともあります。
肌の乾燥は肌トラブルを引き起こす大きな要因ですので、秋冬でも紫外線対策を行っておくことが美肌をつくるための大切なポイントとなります。

 

有効成分を使った保湿ケアをしよう

紫外線を浴びても、保湿を丁寧に行うと乱れた肌理(きめ)を整えることができますので、保湿効果の高い成分が配合されたアイテムを選ぶようにしましょう。

おすすめなのは、セラミドです。
セラミドは肌のバリア機能を高めたり潤いをキープしたりする力を持っています。
私たちの肌にも存在している成分ですが、加齢とともにその量が減ると言われていますので、積極的に取り入れるようにしたい成分だと言えます。

セラミドを取り入れるのに適しているのは、クリームや美容液です。
何故かと言うと、セラミドは「油溶性」という油と相性が良い成分だからです。
逆に水とは馴染みにくいと言われているため、セラミド配合のアイテムを選ぶ際には注意してくださいね。

 
 

肌質によってぴったりのスキンケアは違う!

肌質とは、乾燥肌、脂性肌、普通肌、敏感肌、混合肌というふうに分かれています。
個人個人肌質が異なるため「友達は絶賛していたアイテムが自分には合わなかった」ということもよく起こります。
まず、自分の肌がどんな肌質なのかを確かめてから使うアイテムを選びましょう。

 

理想的なのは「普通肌」

肌にある水分や皮脂の量がバランスよく存在している状態が、普通肌と呼ばれるものです。
この状態であれば肌トラブルは起きにくく、メイクのノリもかなり良い状態でしょう。
普通肌の状態を維持できるように、いまのスキンケアを継続したり、規則正しい生活習慣を送るように心掛けると良いですね。

 

カサつきが気になる場合は「乾燥肌」

普通肌と比べて、肌の水分と皮脂の量が低下している状態が乾燥肌と言われます。
メイクのノリがよくない、洗顔をしたら肌が突っ張るような感じがあると乾燥肌のサインです。
かゆみが出ることもありますし、状態によっては皮が剥けてしまうこともあります。
肌を保護するための皮脂がなくなることで肌トラブルを招くことにもなるため、敏感肌に傾くことも考えられます。

洗顔をしすぎていないか注意しつつ、セラミド配合のアイテムなどで保湿を念入りに行うと次第に肌の状態も改善されていきます。

 

ベタつきやテカりが気になる場合は「脂性肌」

皮脂が必要以上に分泌されている状態が脂性肌です。
皮脂が過剰になっていることにより、ニキビができやすい状態になります。
とくに鼻周辺や額などのTゾーンのテカりを気にされている方も多いのではないでしょうか。

脂性肌を改善するためには、脂の多い食事は控えることが大切です。
また、皮脂が気になるからといって何度も顔を洗うと肌が乾燥することになり、皮脂で肌を守ろうとしてさらに皮脂が分泌されることになりますので注意してください。

そして、ベタつきが気になるからといって乳液やクリームを使わないと、肌が水分の蒸発を防ぐために皮脂を分泌しますので、適切に保湿アイテムを使ってケアしましょう。

 

乾燥肌と脂性肌が同居している「混合肌」

Tゾーンは皮脂が分泌されていてベタつきが気になるけれど、頬や目の周りは乾燥している、という場合は、乾燥肌と脂性肌のふたつが肌に存在しています。
少し面倒かもしれませんが、脂性肌になっている部分と乾燥肌になっている部分で分けてスキンケアを行ってください。

混合肌になるのは、ホルモンバランスの乱れや生活習慣に原因があるとも言われていますので、規則正しい生活習慣を意識してみると良いかもしれませんね。

 

使うアイテムによっては刺激を感じることもある場合は「敏感肌」

肌トラブルが起こりやすく、赤み、かゆみ、ヒリヒリとした刺激を感じることもあります。
そのため、市販されているアイテムの中から自分に合ったものを探すのも一苦労、ということに悩まれている方も多いようです。

敏感肌の場合は、肌にとって刺激になる成分を極力排除した無添加のものを選ぶようにしましょう。
肌のバリア機能を向上させるためにも保湿重視のものを選ぶのがおすすめです。

 
 

スペシャルケアとして使いたいフェイスパック

フェイスパックには栄養や美容のために働く成分がたっぷりと配合されています。
そのため、毎日使うと肌にとって負担になることもありますので、「毎日使うフェイスパック」という旨が記載されていないものは週に1回か2回程度スペシャルケアとして使うようにしましょう。

 

おすすめのフェイスパック

肌の保湿を行うために使うフェイスパックを選ぶ際には、保湿効果の高い成分が使われているものを選ぶようにしましょう。
セラミド、はちみつといった成分がとくにおすすめです。

少し変わったフェイスパックとしては、炭酸を使ったものがあります。
炭酸パックは血行を促す力があり、肌の新陳代謝を向上させてくすみを改善してトーンを上げることが期待できます。

ドラッグストアにもたくさんのフェイスパックが並んでいますので、気になったものから試してみてください。

 
 

焦らずゆっくり美肌をつくっていきましょう

美しい肌を手に入れたいと思うとつい気持ちが逸ってしまいますが、肌をつくるためには少々時間がかかります。
まずはシンプルに化粧水、乳液、美容液、クリームといったケアを丁寧に行って、自分の肌がどう変わって行くのかを見てみましょう。

そして肌のために気を付けたいことは、スキンケアアイテムだけではありません。
栄養バランスの良い食事、運動、睡眠といった生活習慣も大きく関係しています。
忙しいとつい疎かになってしまうことですが、できることから始めてみてください。

 
 

-スキンケア
-,

Copyright© 女性の美容と健康の口コミ , 2018 All Rights Reserved.