女性の美容と健康の口コミ

女性の美容と健康アイテムの口コミを紹介

シミを増やさないためにできること

投稿日:

どうすればシミは増えなくなるの?美肌のために知りたいことあれこれ

シミを増やさない

女性は気分を上げるため、おしゃれをしたり化粧をしたり、外見に気を使います。

でも、せっかくきれいに化粧して、おしゃれをしても、顔に隠し切れないシミがあれば、気分はたちまち急降下ですよね(>_<) いつも気分良くいるために、美しい肌をキープしておきたいものです。 今回はシミを増やさないため、美白に効果のある情報をご紹介しますので、ぜひ日常に取り入れてみてくださいね。     [toc]

有名なシミの種類を知ろう

「シミ」と一口に言っても、その種類は実はさまざま。
ここでは、特に多くの人の肌にできやすい、有名なシミの種類をご紹介します。

老人性色素斑

身体のあちこちにできる可能性がありますが、特に顔の頬骨の、高い位置にできやすいシミです。
老人性色素斑は、紫外線を浴びることによってできます。
大きくても1センチほどですが、年齢を重ねるにつれて色が濃くなる特徴があります。

肝斑

30~40代の女性に多くできるシミです。
妊娠中の女性、閉経した女性には特に多く見られ、女性ホルモンが強く関係していると言われます。
できる場所は顔の頬骨、額あたりです。

そばかす

そばかすは遺伝によってできることの多いシミです。
特にできやすい箇所があるというより、顔全体に散らばったような状態で表れることが多くあります。
小さい頃からそばかすがある人でも、成人するころには消えてしまうことが多いようです。

 
 

シミのできる原因にはどんなものがある?

普通に生活しているだけなのに、なぜかシミができるの? なんて方も多いと思います。

シミを増やさないために、まずはシミができる原因を詳しく知り、対処していきましょう。

過剰な紫外線はシミの主な原因

シミのできる主な原因として挙げられるのは、何といっても過剰に紫外線を浴びてしまうことです。

人の身体は紫外線を浴びると、体内に活性酸素を発生させます。
すると情報伝達物質はメラノサイトというところに、シミの原因となる
「メラニン」を生成するよう指令を出します。
こうすることによって活性酸素から身体を守ろうとするのです。

メラノサイトの中でメラニンが発生しても、通常は肌のターンオーバーの働きで、時間がたてば体外へと排出されていきます。
しかし、加齢や不規則な生活などによりターンオーバーが乱れていると、メラニンが排出されずに体内に残り、シミとなるのです。

肌のお手入れをするときの過剰な刺激

お肌をお手入れするとき、つい指に力を込めたりして肌に刺激を与えてしまう人もいますが、実はこれもシミを作り出す大きな原因となります。

例えば、コットンを使うとき、ちょっと肌をこするだけでも肌にとっては十分な刺激です。
肌は外側から刺激を受けると、内部にメラニンを発生させるので、強い力で肌を触ったり、引っ張ったりすることには十分注意したいものです。
いたずらに肌を刺激しないため、コットンを使う時には、化粧品を惜しまず使うようにしてくださいね。

 
 

これ以上シミを増やしたくない方は、
こんな方法を試してみよう

日ごろ、何気なく紫外線を浴びたり、肌に刺激を与えたりするだけでもシミを作り出してしまうことがお分かりいただけたかと思います。

ここでは、シミをこれ以上増やさないために取るべき方法をご紹介します。

日焼け止めは何回も塗りなおそう

外出する前、日焼け止めをしっかり塗る人は多いと思います。
しかし、そのたった1回だけでずっと肌を守り切れると思っていませんか?
実は、日焼け止めは外出前だけでなく、1日に何回か塗りなおす必要があるのです。

しっかり日焼け止めを塗ったつもりでも、いつの間にか取れてしまい、気が付くと肌が無防備な状態になっていることも多いのです。
2,3時間おきに日焼け止めを塗りなおすようにし、1日中肌を守るようにしましょう。

そして、大切なのは紫外線が弱い季節でも気を抜かずに日焼け止めを使い続けることです。
もう暑い季節じゃないから・・・などと、紫外線ケアをしなくなる人は多いですが、紫外線は一年を通して降り注ぐものです。
いつでも油断せず、しっかり肌を守りましょう。

ビタミンC誘導体を意識しよう

一度できてしまったシミを消すことは簡単ではありません。
しかし、ケア次第では薄くすることは十分に可能です。

出来てしまったシミに対しては、美白効果のある化粧品で対処しましょう。
「ビタミンC誘導体」の配合されたものなら、シミに対して効果を期待できます。

ピーリングでターンオーバーを整えよう

加齢や乱れた生活習慣は、お肌のターンオーバーが乱れる原因です。
ターンオーバーが乱れた状態では、メラニンがきちんと体外に排出されなくなりますので、自覚のある方はまずはターンオーバーを正常に整える必要があります。そのため、定期的にピーリングを取り入れ、その動きを正常に戻してあげましょう。
1週間に1、2回程度、ピーリングを行えばよい効果が得られるでしょう。

食事に工夫してビタミンCを摂取しよう

ビタミンCがお肌に良いことは広く知られています。
活性酸素を除去したり、メラニンの生成を抑えたりと、美肌の強い味方であるビタミンCを積極的に食事に取り入れていきましょう。
キウイ、ゴーヤ、赤ピーマンなどに多く含まれていますので、これらの食材をたくさん摂りましょう。

適度な運動を取り入れよう

メラニンの排出のためには新陳代謝が活発であることが必要ですが、代謝を活性化させるなら、適度な運動をするのが一番です。
筋トレや短距離走などのいわゆる「無酸素運動」を取り入れていきましょう。
いきなりチャレンジするのは難しいかもしれませんが、少しずつでも習慣として続けることが大事です。

しっかり睡眠を確保しよう

質の良い睡眠もまた、美肌作りのためには欠かせません。
肌の質を向上させる「成長ホルモン」は睡眠中に分泌されるため、しっかり睡眠時間を取ることはとても大事なのです。

できる限り夜更かしは避け、夜の22時から2時の間にしっかり寝ていることが大事です。
また就寝前の30分から1時間ほどは、テレビやスマホなどを見ないようにし、スムーズに眠りへと入って行けるようにしましょう。

正しい生活サイクルを心がけよう

面倒だからと自炊せず外食やファーストフードを食べる、何時まででも気にせず夜更かしをする・・・このような不規則な生活は美肌の大敵です。

こういったことが積み重なると、女性ホルモンのバランスが崩れ、シミの原因を作り出します。
女性ホルモンが乱れるとメラノサイトが刺激され、メラニンを生成してしまうためです。

マッサージで血流を促そう

全身の血流が促進されるのは、健康のためにも美肌のためにもいいことずくめです。
適度な運動のほか、マッサージを取り入れてみると、より血流が良くなりますのでぜひ試してみてください。

マッサージをするときは、肌をいたずらに刺激しないためにオイルを使用してくださいね。

また、血液自体をサラサラにする努力も必要です。
青魚、レモンなどを日ごろから積極的に食べるようにしましょう。
青魚にはオメガ3系脂肪酸、レモンにはクエン酸が含まれ、血液をきれいにサラサラにする作用があります。

 
 

美肌習慣を身に付けて、シミを防ごう!

シミを増やさないため、また一度できてしまったシミを改善するため、日常の中でできることは、実はいっぱいあります。

シミがコンプレックスだからと、必死にメイクで隠すよりも、しっかりシミに向き合って少しずつでも改善していきましょう。
そして健康的な生活をし、美肌をキープしてこれからシミができるのを防いでいきましょう。
ぜひ、今回ご紹介した方法を取り入れて、健康的で美しい肌を実現してください!

 
 

-スキンケア
-

Copyright© 女性の美容と健康の口コミ , 2017 All Rights Reserved.