女性の美容と健康の口コミ

女性の美容と健康アイテムの口コミを紹介

エラスチン 効果 知れば知るほど凄いエラスチン!ハリ不足に効くだけではないんです

投稿日:

エラスチン 効果

エラスチン 効果

コラーゲン、ヒアルロン酸・・・美容情報に鋭い人なら、こうした成分の名前はもう、おなじみだと思います。

そしてコラーゲンなどと並んで、耳にすることの多い美容成分「エラスチン」。
肌の美しさを守る大切な成分だということは何となくお分かりでも、詳しいことはよくわからないという方が多いのではないでしょうか。

このエラスチン、「真皮」と呼ばれる肌の土台部分に存在しています。
主な役割は、肌の弾力を保つ働きをすることです。

これだけ聞くと「なんだ、コラーゲンと変わらないじゃない」と思われそうですが、実はそれだけにとどまらず、エラスチンには実に様々な役割があるのです。

今回は、エラスチンとはそもそもどういうものなのか、そしてその役割とは何なのかについて詳しくご説明していきます。
もちろん、エラスチンを保つためにはどうすべきかについてもご紹介していきますよ。

 
 

そもそもエラスチンとは何なのか

エラスチンは、実はアミノ酸

先ほど、エラスチンは肌の真皮に存在するということをご説明しました。

タンパク質の一種で、アミノ酸で構成されています。
ヒアルロン酸、コラーゲンなどと同じく、肌の弾力やハリを守る重要な役割を果たしてくれています。

そんなエラスチン、一番多く作られるのは成長期に当たる時期です。
しかしその後、20代後半になると徐々に減少し始めると言われています。
40代に入るとさらに急激にエラスチンが減少していきますが、いわゆる肌の衰えを多くの人が感じるのもこの時期です。
それまで肌弾力を守ってくれていたエラスチンが、急激に減ってしまうと、肌のハリだけでなく、ほうれい線、たるみやしわと言った肌トラブルが一気に表面化しやすくなるのです。

 

肌の土台「真皮層」とは何か?

皮膚の構造
人の肌はのっぺりとした膜のような構造をしているわけではありません。
表皮、真皮、皮下組織という3つの構造に分かれて構成されています。
このうち、真皮と呼ばれる部分にエラスチンが存在することはすでにご説明しました。

肌の土台の部分ともいえる真皮の中で、エラスチンはフィブリンと呼ばれる線維と結合して、真皮のあちらこちらに繊維を張り巡らせています。
真皮の上層部分では肌に対して垂直に線維を伸ばし、下層では肌に対し並行に伸ばしているのです。

 

コラーゲンとはどんなところが違うのか?

お肌の弾力を守ってくれる成分としては、コラーゲンも有名ですよね。
こちらもエラスチンと同じように、肌の真皮に存在しています。

実は、真皮のほとんどの成分はコラーゲンで構成されており、その割合は何と全体の七割にも及びます。
これに対し、エラスチンは全体のわずか数パーセント。
圧倒的に量が少ないのです。

それだけ聞くと、「お肌のためには、コラーゲンを減らさないようにする方がより重要なのでは?」と思ってしまいがちですが、実はエラスチンにはとても重要な役割があり、それがないことにはお肌の美しさを保つことはできません。
実は、エラスチンは真皮に存在するコラーゲンを束ねるという性質があるのです。

エラスチンはアミノ酸で構成されていることはすでにお話ししましたが、そのアミノ酸の数、なんと800個以上と言われています。
それに、エラスチンには「デスモシン」「イソデスモシン」という、コラーゲンには配合されていない成分も含まれているのです(コラーゲンの方でもエラスチンにはない成分を含んでいます)。
また、エラスチンはそれほど強度のあるものではないのですが、とても伸縮性があるという特徴があるのに対し、コラーゲンはかなり固く、強靭な成分であるという特徴があります。
この二つの成分の特徴がうまく機能しながら、真皮の健康が保たれているのです。

 
 

エラスチン、その重要な役割

肌の弾力はエラスチンがあってこそ

エラスチンはとても伸縮性のある成分です。

朝起きたとき、顔などに枕の跡などがついていても、時間がたてばいつの間にかきれいに消えてしまうもの。
このように肌に何らかの跡がついても、エラスチンのおかげで肌は元の状態に戻ることができるのです。

肌の弾力を守る成分というとコラーゲンを連想しますが、エラスチンがあってこそコラーゲンが保たれ、肌の弾力が保たれます。
お肌の弾力をいつまでも保持したかったら、コラーゲンだけでなくエラスチンも意識的に摂りたいものです。

 

エラスチンが存在するのは肌だけじゃない

さて、そんなエラスチン、実は肌の真皮にだけ存在するわけではありません。
実は体の至る所に存在しながら、私たちの健康を守ってくれているのです。

肌以外で主にエラスチンが存在するのは血管、靭帯、そして肺などがあげられます。
動脈では全体の50%くらい、肺には20%くらいのエラスチンが存在します。
靭帯にいたっては、なんとおよそ80%!

肌に存在するエラスチンがわずか数パーセントだったことを思い出してください。
エラスチンは、肌の美しさのためというより、むしろ健康な体を保つために必要な成分なのです。
例えば、血管にあるエラスチンが減少すれば動脈硬化などを引き起こす可能性が高まります。
同様に靭帯のエラスチンが減少すれば、収縮性が下がり、ケガなどの事故につながるかもしれません。

年を重ねるごとにどんどんエラスチンが減少していくことを考えると、普段から積極的に摂取したいものですね。

 

エラスチンが減ることで血管にリスクが高まる

上記の話とも重なりますが、エラスチンは血管にも多く含まれ、その健康のために多大な役割を担っています。

人体に血液が滞りなく循環できるのは、健康で弾力性のある血管があってこそ。
もしエラスチンが減少し、柔軟性を失った固い血管になってしまうと、動脈硬化だけでなく脳血栓、心筋梗塞などといった恐ろしい病気になる可能性があります。

 
 

健康のためにもエラスチンを維持したい!

加齢でエラスチンが減るのは仕方がない、だけど・・・

エラスチンがピークを迎えるのはおおよそ25歳前後と言われています。

その後は徐々に減少していく一方で、一度破壊されたエラスチンは何をしても元に戻ることはないと言われています。
つまり、エラスチンの数をできるだけ減らさないようにすることがとても重要なのです。

 

正しい生活習慣を守り、ストレスを避ける

人体のあらゆる機能を衰えさせる「老化」。
その老化は、体の「酸化」と「糖化」によってもたらされます。

エラスチンを守るためには、この「酸化」「糖化」を徹底的に避けるような生活をするべきなのです。

そのためにはきちんとした生活をする習慣を身に付けること、そしてストレスを避けることが必要です。

ここでいう生活習慣というのは毎日決まった時間に寝る、と言ったことだけを指すのではありません。
ジャンクフードなどを避け、栄養価の高いきちんとした食事をするといった「正しい食生活」も含めての話です。

糖を多く含んだ食事を続けていると良くないので、できるだけ避けるようにしましょう。
同様に、脂質も摂りすぎないようにすると良いでしょう。

また、過度なストレス、また夜ふかしなどの不摂生な習慣は身体をどんどん酸化させてしまいます。

美容や健康のため、サプリメントなどに頼る人は多いですが、実はこういうものに頼る前にきちんと自分の生活を整えることの方がとても大事なのです。

 

紫外線対策を怠らないようにする

お肌に様々な悪影響を与える紫外線ですが、実はエラスチンも紫外線を浴びることによって劣化してしまいます。
このため、日ごろから日焼け止めを塗る、日傘をさすなどの紫外線対策をすることがとても大事です。

しかしどれほど気をつけていても、完全に日常の中から紫外線を締め出すことは難しいものです。
もし、多く紫外線を浴びてしまったと感じたら、有効成分をきちんと摂取してアフターケアをしてください。

その有効成分とは、

1、ビタミンA誘導体/レチノイン酸トコフェリルやレチノール
2、ビタミンC誘導体/水溶性ビタミンC誘導体や油溶性ビタミンC誘導体など
3、ビタミンE誘導体/トコフェリルリン酸ナトリウムや油溶性トコフェロールなど

です。

 

食べ物からもエラスチンを摂取できる

エラスチンを摂取するのは食べ物からも可能です。

スジ肉や手羽先、もつ、軟骨や煮魚と言った食材にはエラスチンが多く含まれています。
日ごろから意識してこれらを食べるようにしてみてください。

 
 

まとめ

肌の真皮に含まれ、コラーゲンと同じく肌の美しさを保ってくれるエラスチン。
しかしその役割は美容に留まることなく、私たちの健康を保つため体の様々な場所で大切な働きをしています。

若い頃と違い、年齢を重ねるごとにエラスチンはどんどん減少していきます。
一度失われると再生されることのない成分だけに、その数を減らさないよう心掛けたいものです。

いつまでも健康で、若々しい体を保つため、積極的にエラスチンを保持していきたいですね。

 
 

-スキンケア
-,

Copyright© 女性の美容と健康の口コミ , 2018 All Rights Reserved.