女性の美容と健康の口コミ

女性の美容と健康アイテムの口コミを紹介

にきび跡の色素沈着 ニキビ跡とメラニンの関係

投稿日:

あなたのニキビ跡が治らないのは、もしかして・・・メラニンとの意外な関係

ニキビが治っても、跡が残ってしまうことは多いもの。
しかも、きちんとケアしていれば跡も消えると思ったのに、なかなか薄くならず困ることもよくあります。

どうしてニキビ跡が改善しないのか?
そこにはなんと、「メラニン」が深く関係しているのです。

今回は、ニキビ跡とメラニンとがどのように関係するのかについてみていきましょう。

にきび跡色素沈着

 
 

自分のニキビ跡がどのようなものなのかを知ろう

赤ニキビや黒ニキビなど、ニキビにもいろいろな種類があるように、実はニキビ跡にもいろいろな種類が存在します。

ニキビ跡に悩んでいるとしたら、まずは自分がどの種類のニキビ跡なのかを把握することが大事です。

炎症による赤いニキビ跡

ニキビ跡が赤くなってしまっているとしたら、これはニキビが炎症し、そのダメージが残っている状態です。

なぜかというと、肌は炎症ができると、患部を治すためにその周囲に毛細血管をたくさん作り出すからです。
そのためニキビが消えた後もその部分に色素だけが残ることになるのですが、これは時間がたてば自然に消えていくことが多くあります。

シミとして残るニキビ跡

ニキビ跡の中には、シミとして跡が残るものもあります。
色は茶色で、この場合はメラニンが深く関係しています。

肌の一番上には「表皮」と呼ばれる部分が存在しますが、この部分にはメラノサイトと呼ばれるところがあります。
肌が刺激を覚えるとこのメラノサイトが活性化し、メラニンを大量に生み出します。

肌の浅い部分に影響が留まっているなら、治る確率も高いのですが、真皮と呼ばれる深い部分にまで影響が及んでいたらそうとも言えません。

皮膚の一部が盛り上がるしこり状のニキビ跡

肌の深いところには「真皮」と呼ばれる部分がありますが、同じ個所で何度も炎症が起こると、この真皮にまで影響が及ぶこともあります。
こうなると、肌内部にあるコラーゲン繊維が過剰に発生し、皮膚が盛り上がってしまいます。
これがしこり状のニキビ跡です。

クレーター状のニキビ跡

皮膚に酷い炎症が起きた場合、クレーター状のニキビ跡ができることがあります。
炎症が起こると、身体の中にある白血球が炎症を食い止めるため、皮膚細胞を壊し始めます。
それが長く続くと、炎症自体は抑えられても肌を再生することはできなくなるのです。
結果としてクレーター状のへこみがつくられてしまいます。

ケロイド状のニキビ跡

ニキビがあった個所が赤くなり、盛り上がってケロイド状のニキビ跡となることがあります。
肌の深部、真皮にまでダメージが及んでいる状態です。
まるで火傷の跡のような状態ですが、酷いニキビの場合には誰でもなるというわけではなく、体質による個人差があります。

 
 

色素沈着型のニキビ跡とは何か

ニキビ跡の中には、色素沈着型のニキビ跡もあることはすでにご紹介しました。
これにはメラニンが深く関係しているのですが、メラニンが発生することで色素沈着を引き起こす仕組みを詳しく見ていきましょう。

なぜ色素沈着は起こるのか

既にお話ししましたが、毛穴が詰まり、内部で皮脂が増え続けると、皮脂を餌としてアクネ菌も増殖を始めます。

すると、今度はそのアクネ菌を排除しようと、身体は活性酸素を生み出すのです。

活性酸素が肌を傷つけるのを防ぐため、ホルモンを分泌して肌を守ろうとするのですが、そのホルモンはメラノサイトを刺激するため、メラニンが発生することになるのです。

メラニンが発生したとしても、あまり大量でないならば、時間の経過とともに自然に体外に排出されていきます。
しかし、あまりに大量に発生してしまうと、排出しきれず肌に残ってしまうことになります。
こうして色素沈着を引き起こすのです。

 
 

色素沈着をケアするにはどうするか

もし、色素沈着が起きてしまったらどうケアをするのが適切なのでしょうか。
おすすめの方法をご紹介します。

美白成分配合の化粧品を試す

美白成分が配合された化粧品を導入するのは、色素沈着をケアするのに有効です。
中でもビタミンC誘導体の入った化粧品がおすすめです。
化粧品に入れると効果を発揮しにくいビタミンですが、ビタミンC誘導体という形にすることでその本来の効果を引き出すことができます。

ピーリングでターンオーバーを促す

肌のターンオーバーを整えるため、スキンケアにピーリングを取り入れるのも一つの方法です。

色素沈着がなかなか治らないのは、ターンオーバーが正常ではなくなっていることも原因の一つかもしれないからです。
ターンオーバーが正常になり、肌の新陳代謝も活発になれば、色素沈着も改善されていく可能性が高いのです。

ただし、肌に良いからと言ってあまりに頻繁にピーリングをすると、かえって肌の負担になってしまいます。
週に一度くらいの頻度に留めましょう。

もし限界を感じたら・・・クリニックでケアをしてもらう

色素沈着を改善するため、自宅でケアを続けていても、あまり効果が出ない場合もあるかもしれません。

もし限界を感じたら、クリニックなどでケアをしてもらうことも考えてみましょう。

クリニックではレーザー治療など、色素沈着を改善する処置をしてくれますし、ハイドロキノンなど色素沈着に有効な薬を処方してくれることもあります。

ただし、ハイドロキノンは効果が高いものの、その分刺激も強くなっています。
医師の説明をしっかり聞いたうえで、使用の是非を判断しましょう。

 
 

ニキビ跡につながるメラニンを防ごう

メラニンの発生がどうしてニキビ跡につながるのかをお分かりいただけたと思います。
メラニンはニキビ跡だけでなく、シミを誘発することもあるので、日常生活の中でしっかり防ぐ努力をしたいものです。

できるだけ紫外線を防ぐ

紫外線を防ぐ・・・といっても、日常生活の中で完全に紫外線を防ぐことなど不可能に近いものです。
だからこそ、できる限り紫外線を浴びない工夫をすることが大切です。

紫外線はいつ浴びても肌には有害ですが、ニキビのある状態で浴びてしまうとより深刻です。
ニキビによって肌はダメージを受けていますが、紫外線を浴びてしまうと肌の真皮にまでダメージが及んでしまい、コラーゲン繊維など肌の弾力を保つ成分に害を与えます。

夏に限らず、冬でも外出する際には紫外線対策をしっかりしましょう。
基本的には、外出の前には日焼け止めを塗ることが大事です。
また、1度塗ったら終わりではなく、できたら3時間に1度の頻度で塗りなおすことを心がけましょう。
しっかり塗ったつもりでも、汗などで日焼け止めが落ちてしまう場合があるからです。

美肌の味方、ビタミンを積極的に摂る

ニキビ跡、特にお肌の深い真皮にまで影響している跡を改善するには、ビタミンCを積極的に摂ることが必要です。
もし新しい化粧品を買うなら、ビタミンC配合のものを選ぶようにしましょう。
また、日ごろの食事もできるだけビタミンCを含む食材を使うことにしましょう。

もしどうしても調理する時間がないなら、サプリメントで補うのも有効です。
ちなみに、色素沈着を改善するなら、ビタミンCの一日の必要摂取量100㎎をはるかに超えた量が必要です。
色素沈着の程度にもよりますが、およそ300㎎から1000㎎は必要であると言われています。
ビタミンCはお肌だけでなく、身体の健康にも大切な成分ですので、日ごろから意識して摂取するようにしなければいけません。

 
 

正しいケアをしてメラニンを防ごう

色素沈着とメラニンには深い関係があることがお分かりいただけたと思います。

もし色素沈着が起きてしまっても、化粧品を工夫するなどして対処してもらうこともできますし、またクリニックなどで対処してもらうのも有効です。

また、メラニンの発生を防ぐような生活をすることは何よりも大切です。
紫外線を避ける、健康的な食事をするなど、日ごろから肌や体の健康を意識した生活を心がけましょう。

 
 

-スキンケア
-,

Copyright© 女性の美容と健康の口コミ , 2017 All Rights Reserved.